食事の準備、好きですか?

柿づくし料理

その昔、デザイナーとかものづくりをする人って、料理も得意なことが多いんだって!と聞いて、青ざめた私です(^_^;)料理も創ることだから、と。

食材は週イチまとめ買い派

スーパーが苦手で、週に一度しか買い物へ行きません。
こう言うと、一週間のレシピを事前に考えるなんて大変じゃない?と聞かれるのですが、、レシピなんて、事前に考えません!

とは言え、結婚当初は頑張りました。
毎日スーパーに通い、何品も副菜を作り、常備菜も作り。

結婚するまで料理に興味がなかった私は、無理がたたってものすごくストレスになってしまいました(^_^;)

料理教室と家庭の料理は別

料理教室へも当時通いましたが、私の場合、教室と自宅では全然違うんですよね。

結局、週に一度の買い物では、メニューは何も考えずに、お肉と魚を一週間分。季節のお安い野菜を一週間分購入します。 

帰宅して、お肉と魚はすぐに冷凍庫へ。
以前、コストコ会員だった頃、大容量のお肉のパックを小分けにする作業がストレス過ぎて、退会した経験があります。

料理の手順・木原の場合

  1. 前日夜に、冷凍していたお肉のパックを冷蔵室へ出して解凍
  2. 帰宅したら、iPad miniでクックパッドアプリに「豚こま なす 簡単」など入力して検索
  3. 見ながら作る

もちろん、夫に、何が食べたい?なんて聞きません。

毎日このやり方です。
手のこんだことはせず、焼く・煮る・炒める・蒸す、で、汁物、雑穀米と白米のミックス、おかず、サラダ。

全く参考にならないとは思いますが、毎日の料理を考えることを手放した私のやり方を、恥ずかしながらご紹介してみました。

難しいことは手放して、シンプルに♡

トップの写真はお料理上手なお友だちの柿づくし御膳♪

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノート マスター|木原ことの


関連記事

  1. SNSとの付き合い方

  2. 1日1人で出すゴミは何キロ?

  3. 地球が震えています

  4. チャリティイベント山口、楽しみました!

  5. 夏至のパワー!

  6. マスクを干してハッピー

    笑顔が似合う人と一緒にいること

新しいライン公式アカウントです
友だち追加