Compact Space

片づけとデジタルのプロサポート+広島市中区+

モノが壊れたことに、すぐ気がつきますか?

約3分
モノが壊れたことに、すぐ気がつきますか?

10年以上、毎日使っていたクッキングスケールを買い替えました。量るたびに、グラム数が違っていて、おかしいな、でも使えるしな、と思いながらこの1年ほど気が付かないフリをしていましたが……新しいスケールと同量を量り比べると……なんと、20グラムも違っていたのでした。

不便に慣れるのが、ヒト

長く使っている家電の動作がおかしいな、と思いはじめて数ヶ月は経過していましたが、量り直すたびにグラム数が違い、ついに買い替えを決意。

不便なのに動かないわけじゃない。まだ使える、という気持ちなんですよね。

これ、片づけにおいても同じ。
不便に慣れているから、変えようとも思わず、現状を疑わず、不便のまま使い続けているパターン。

ヒトという生き物は不便にも慣れてしまいます。

買い替えたのはタニタのクッキングスケール

まずは、電池の交換、キレイに拭けるところは拭いてみたり。

そっとしておけばまた調子が戻るかもしれない……
なんて、1日放置してみたりなど、色々と試してみてから買い換えを決意。

ドッグフードを計量する必須アイテムなので、有名メーカーであるタニタのクッキングスケールを選びました。

開封してみると、今までのスケールよりも一回り大きい。
手の大きい私がやっと、片手で掴める程度のサイズで、普通の女性だと片手で掴むのは難しいかもしれません。

ここにフードボウルを乗せると安定感があって、これで良かったと思いました。

お色も、購入まではクリーム色が気に入らなかったら……
と少し躊躇しましたが、キレイなクリーム色でした(*^^*)

まとめると。

ずっと使い続けてきたモノに不具合が出て手放すことになると、他のモノの不具合も目につくものですね。

魚焼き器で使っているグリルパンも買い換えることにしました。
こちらも、随分ハゲたり、サビが出ていたのが気になっていたまま使い続けていました。

ずっと気になっていたオシャレなグリルパンを買ったのですが、求める仕上がり具合にならなかったので、買い直すことに。その経過も、また別記事にしてみたいと思います。

毎日当たり前に使っているモノの買い替えは、本当に悩みます。

当たり前を疑ってみることは、時々は必要ですね。

片づかない日にも こころにゆとりを。


広島市のライフオーガナイザー®️エバーノート マスター|木原ことの

最新記事の通知を受け取れます

コンパクトスペース公式ライン