犬がブーブー言いませんか?

こちらをしっかり見つめてブーブー。
一生懸命な表情でブーブー。

どうやら鼻を鳴らしているようです。
犬の鼻は「口吻部」や「マズル」という名称がついていて、3種類あります。

□長頭型(長いマズルを持つ犬)‥ボルゾイ、グレイハウンドなど
この犬種は臭い物質を吸着する面積が広いため、3種の中で最も嗅覚が良いとされています。

□中頭型(長さが一般的な犬)‥柴犬やトイプードル、ラブラドールレトリバー、ボーダーコリーなど
「ストップ」という頭と鼻の境目がはっきりしています。

□短頭型(マズルが短い犬)‥パグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリア、キャバリアなど
マズルが非常に短いため体温調整が得意ではありません。

鼻を鳴らす一つ目のわけに興奮している時があります。
吠えた後に「ブーブー」といいます。
これは人と同じで興奮して鼻息が荒くなった状態。
鼻を通る空気の量が多くなるからだそうです。

鼻を鳴らす二つ目のわけはリラックスの最中の時。
「フンッ」「ブヒッ」と鼻を鳴らします。
これは緊張モードから解放されてリラックスモードに入ったということです。
おやつをもらった後や散歩から帰って落ち着いた後などもですね。

鼻を鳴らす三つ目のわけは甘えて要求している時。
何か要求がある時や甘えている時に「ブーブー」「ピーピー」といいます。
わが家ではほとんどこの場合です。
そして夫には絶対に言いません(^^;;
また、玄関先で物音がするよ?誰か来るかも?という時にもピーピーとインターホンを見つめて教えてくれます。

このように、犬が鼻を鳴らすわけは感情表現ですが、頻繁な場合は、もしかしたら、疾患の可能性もあるかもしれません。
安心のためにも、先生に相談してみてくださいね。

犬は一生懸命、人に何かを伝えようとしてくれます。
何が言いたいの?と理解しようと努力すると、お互いの信頼度も増していきます♡
きっと人が相手でも同じですね(^ ^)

広島市のライフオーガナイザー®️木原ことの

関連記事

  1. 毎日の散歩で贅沢な時間を。

  2. ヘルニアに負けない筋力づくり

  3. マッサージは愛情表現

  4. マンションで犬を飼うということ

  5. エアコンと犬の鼻水の関係性

  6. スペシャルごはん for dogs

友だち追加

LINE@よりお問合せもできます。
ここだけのお話しも配信しています。