暮らしを磨く≠自分磨き

このHPの中ほどに、キャッチフレーズとして「暮らしを磨く」という言葉を入れています。よく雑誌などで取り上げられている「自分磨き」とは似て非なるもの。

暮らしを磨くことは、暮らしている自分を大切に扱うこと

特に自分を磨かなくても、十分、誰でも価値があります。(本当に!)

私自身の経験から、自分に自信がないと、自分磨きをしたくなる傾向があるような気がします。

同僚や先輩たちが輝いて見えて、だから自分が恥ずかしいような気持ち。

もっと仕事を頑張って足りない分は残業して、スタイルよくなりたいからお昼はあまり食べなくて、雑誌を見習ってきちんとメイクして、洋服も数はもうあるのに毎月買って‥‥

頑張る方向が分からず、人を頼る事も思い付かず、とにかく息切れしながら毎日が過ぎていっていた、懐かしい過去。

ゴールのないマラソンは走らない

そんな生活だと、どこまで行っても同じで、自宅と会社の往復だけで疲れはてる毎日でした。

それは、自分の努力不足というわけでもなくて、自分磨き自体が悪いのでもなく。

自分自身に+αがなければ価値が無いと感じてしまう自己評価の低い自分自身。

片づけサポートにお伺いしていく中で、お客さまの、ここの部分の変化をとても強く感じます。片づけができるようになってくると、自己評価が上がることが多いですよ♡

トップ画像の苺、描き方動画を見ながらiPadで描いてみました。

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノート マスター|木原ことの

関連記事

  1. 花のある暮らし

  2. 思考はシンプルに整理しておく。

  3. 手作りパン

    アフターコロナ:人生のデザインをする

  4. しがらみを整理することについて。

  5. 目標とSMARTの法則

  6. 片づけが終わらない人へ。

新しいライン公式アカウントです
友だち追加