広島市「可燃ごみ」ポリ袋もOKになりました!

まだまだ知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
広島市の燃えるゴミの捨て方、1976年から今まで紙袋のみ、というルールでした。(!)
それが2018年11月21日付で、ポリ袋の使用も認められることなりましたーー!
「紙袋、ポリ袋のいずれであっても収集すると変更し周知する」
現在使用されている焼却炉の性能向上からルールを見直すことになったそうです。
以前、TVで広島市燃えるゴミ=紙袋使用ということが放映されてから、大阪や名古屋の親戚宅ではわが家のためにショップバッグを保管しておいてくれるようになりました(^^;;
親戚が飽きてしまうまでは有り難く戴くことにします(^^)
最近はスーパーでもポリ袋は有料化していますしね。
ゴミの日を見ていても、まだまだ変化は感じられないのですが、いずれは他県のように全てビニール袋になるのでしょうか。

写真は宮島口で食べる事が出来る、美味しいガレットです♡

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノートマスター|木原ことの

関連記事

  1. たばこのRETHINK

  2. ちゃんとしなくていい!自分サイズの片付け〜作ろう!私だけの片…

  3. 「男の子がひとりでできる片づけ」出版記念セミナーへ出席のご報…

  4. ラベンダー

    エビングハウスの忘却曲線と2019目標の達成率

  5. ヒートテックを手放した日

  6. 遺伝子検査・結果報告

友だち追加

LINE@よりお問合せもできます。
ここだけのお話しも配信しています。