木原ことの|広島ライフオーガナイザー|エバーノート|片づけ 収納

広島市中区の整理収納|コンパクトスペースで暮らしを磨く

LANケーブルの選び方

約3分
LANケーブルの選び方

先日、ネットが不安定になる原因にLANケーブルに一因があるかも、という記事を書いたら重ねてのご質問いただきました♪今日はもう少し詳しいことをシェア!あくまでも家電量販店での説明にもとづいて、わが家で選んでみた結果です。

LANケーブル、何年前から使ってる?

LANケーブル、実は私は買ったことがありませんでした。
自宅にある、Wi-Fiルーターやモデムについていたケーブルをずっと使っていたような気がします。
見直そうと思ったのは、Wi-Fiが徐々に不安定になってきたから。夕方になると、頻繁に切れるようになってしまいました。

調べてみると、LANケーブルにはカテゴリや種類があって、取り替えるだけで回線速度が変わるとありました!
試してみたくなりますよね!

カテゴリについて

カテゴリとは通信規格のこと。CATというカテゴリで分けられています。
契約している回線の最大通信速度に合わせたLANケーブルを選ぶことがポイント。
ここを抑えておかなければ、いくら高性能のパソコンやルーターを選んでもムダ?なんだそう(!)

LANケーブルの通信規格はCAT5<CAT8。数値が高いほど回線速度は速くなります。
ただ速すぎても無意味とのこと。一般家庭でオンライン会議や動画視聴を日常的に見るのであれば、CAT6Aがおすすめ。
日常的にオンラインゲームをするのであれば、CAT7がおすすめとのこと。

UTP?STP?

売り場に行くと、LANケーブルでもUTPとSTPがあります。

CAT6までのケーブルは、ほぼUTPケーブル。
ノイズ対策されたケーブルですが、一般家庭であれば特に問題ないそうです。

STPケーブルはネットワークが混線する企業で使われている保護されたケーブルのこと。
一般家庭では基本的に不要と言われていますし、使うのであれば、STPケーブル用のHUBやルーターに取り替えなければならないそうです。

単線?より線?

LANケーブルは長ければ長いほどノイズの影響を受けやすくなります。

単線より線
特徴安定・高速でもOK柔らかいので自由度が高い
推奨の長さ10m以上5m以下
※必要最低限の長さがおすすめ

ケーブルを断面でみて、1本の銅線が入っているのが単線。複数の銅線が入っているのがより線。

単線に比べると、通信の安定性は下がるより線は、ケーブルが柔らかいため配線がしやすいのがメリット。
一般家庭でLANケーブルが5m以上必要なら、単線一択ですね!

わが家が選んだカテゴリは

わが家で契約しているプロバイダは最大1Gbpsの光回線。ごく普通であると思いますが、この条件だとCAT5e以上のカテゴリが必要とのこと。CAT5ではなく、CAT5eですね。

実際に選んだカテゴリですが、念のためCAT7にしておきました。

まとめると。

一般家庭であるわが家が購入したのは……

  • CAT7(本当はCAT6Aでも良いと言われた)
  • UTPケーブル
  • より線(必要最低限の長さにした)

ネットが遅くなってきたと気になっているのであれば、ぜひLANケーブルの見直しをしてみてくださいね。
改善のために、色々試してみましょう♪

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノート マスター|木原ことの

最新記事の通知を受け取れます

合言葉「Z」でzoomガイドブック配布中

コンパクトスペース公式ライン