Compact Space

片づけとデジタルのプロサポート+広島市中区

ネットが不安定なときは、LANケーブルをチェック!

約3分
ネットが不安定なときは、LANケーブルをチェック!

ときどきZoomでお話ししていると、相手の姿がカクカクとしたり声が途切れ途切れになったりすることがあります。実は有線でも無線でも、LANケーブルにノイズが発生すると通信状態が不安定になります。有線なのに通信速度が遅くなったり、声が突然聞こえなくなったりした方が、この方法で改善しましたよ。

有線のほうが多い、LANケーブルのノイズ問題

ノイズが発生する理由は、近くの電磁波をLANケーブルがひろってしまうということ。電圧が上昇してしまうからだそう。

もちろん、パソコンやWi-Fiルーターの劣化も原因にありますが、意外と見落とされがちなのがLANケーブルのノイズ。

無線でも大元はLANケーブルを繋いでいますが、基本的に有線の場合で起こりやすいです。

原因は3つ

  1. 近くに家電がある
  2. 近くに家電のコードがある
  3. LANケーブルの種類(品質)

近くに家電がある

一番大きい原因が、近くに置いてある家電。なぜなら使う時に電磁波を出しているから。この電磁波は、家電の外側にも影響を与えているそうで、もちろんLANケーブルに影響が出ます。

近くに家電のコードがある

LANケーブルと家電が離れていても、近くに家電のコードがあるだけでも影響があるようです。なぜならコードにも電磁波が通っているから(!)実は私は、家電本体からしか電磁波は出ていないと思っていました……。それから、LANケーブル同士もお互いに干渉しあうこともあるそうです。

LANケーブルの種類

そして知らない人も多いのが、LANケーブルに3つの形があること。ノイズを拾いにくい形があります。これは家電量販店で見比べるとよく分かると思います。

ノイズ対策(シールド加工)がされているスタンダードタイプがオススメですが、調べるともっと種類があります。

メリットデメリット
スタンダード(よくある形)電磁波を拾いにくい線が太いのでジャマ
フラット(ぺたんこ)部屋の角や壁に沿わせやすい電磁波を拾いやすい
スリム(スタンダードの半分くらい)収納しやすい電磁波を拾いやすい

まとめると。

LANケーブルが5年以上前のものであれば、電磁波を寄せ付けにくいLANケーブルへの買い換えが良いと思います。
LANケーブルがまだ新しいのであれば、家電の位置を要確認ですね。

それから、長すぎるLANケーブルも使わないこと。買い替えの際は、長さを測ってから買いに行きましょう。

それでもダメなら、プロバイダの問題かもしれません。
最近よく見かける工事なしのコンセントにさすだけWi-Fiは、私の周りで聞く限りオススメではありません。
IPv6に対応している光回線がおすすめです。

ですが、Wi-FiルーターがIPv6に対応していても、契約しているプロバイダが対応していないことも……
わが家がそうなのですが、安定はしていますし、特に不足を感じることなく使えています。

そもそもシステムが違うのだそうですが、いつかIPv6に対応したらいいな、と思っています。

片づかない日にも こころにゆとりを。


広島市のライフオーガナイザー®️エバーノート マスター|木原ことの

最新記事の通知を受け取れます

コンパクトスペース公式ライン