犬とエアコン

おいなりさん

エアコンを上手に使う

湿度の高い日本の夏は世界的にみても過ごしにくい時期だそうです。
平均気温もぐんぐん上昇していく中、もはやエアコンは人のためだけのものではありません。
熱中症や夏バテの危険性も考えて、積極的に稼働させるのが得策です。

冷気は床に溜り体の小さな犬の身体は冷えやすいので、人にとって快適な涼しさは犬にとっては寒すぎることもあります。
人が涼しい!と感じるよりも若干高めの26〜28℃。湿度は50〜60%が理想的です。

エアコン直撃は×

またケージやベッドの場所はエアコンの風が直接当たらない所に配置します。
人と同じで冷えすぎは自律神経の乱れに繋がりますし、皮膚が乾燥して悪影響を及ぼします。

扇風機がいいんじゃないかと思われる方もいらっしゃるそうですが、犬は汗をかきませんので扇風機では涼しさを感じません。

人より夏バテしやすい犬

水分不足と暑さによる自律神経の乱れで、熱をためやすい犬は人よりも気をつける必要があります。
主な症状は、お腹がゆるい、元気がない、食欲がない、などです。
おかしいな、と感じたらいつもより品質の良いフードであったり、スープの多い缶詰を混ぜてみることも良いそうですよ。

電気代の節約も気になりますが、何をおいても体調第一ではないでしょうか。

おいなりさんは暑い中、お揚げさんを備えられていらっしゃいました。↓
私はこのお揚げさんのお供えは初めて見ました!
お揚げさん

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノートマスター|木原ことの

関連記事

  1. 犬の目が暗闇で光る理由

  2. 冬のノミ

  3. 狂犬病予防接種へ行ってきました。

  4. 多頭飼い、馴染むまでは大変でした。

  5. 犬の輪廻転生って?

  6. 犬の爪切り

友だち追加

LINE@よりお問合せもできます。
ここだけのお話しも配信しています。