駅の券売機で預金の引出しができる!

駅

東京の友人と久しぶりに話していたときのこと。
「スマホ決済などの新しい支払い方法って、まだまだ世の中に浸透していないみたいね。」
と私。
「でも駅で降ろせるのはすっごく便利だから、うちの母親も今までアヤシイって毛嫌いしていたのが、ゆうちょペイから入ったんだよー。ゆうちょなら安全!って。」

なんと!都会では事情が変わっていたようです!

キャッシュアウト・サービス

2019年5月8日から、ゆうちょ銀行、横浜銀行が東急電鉄線の券売機で預貯金の引出しができるキャッシュアウト・サービスを5月8日から始めていたそうです。

券売機にキャッシュカードを入れるのではありません。

スマホアプリ(ゆうちょ銀行ならゆうちょPay)で事前に引出し金額の指定と暗証番号を入力しておき、券売機の前まで行ってからQRコードを券売機の読取り機にかざすと、銀行の預貯金を引出すことができるのです!(1日の引出し上限金額は3万円。)

券売機の有効活用と利便性の向上

この券売機はまだ東急線のみで手数料もかかるそうですが、IC乗車券の普及で利用率が低下している券売機を有効活用し、沿線住民の利便性向上が目的のようです。
私もここ数年、月に一度のチャージでしかJRの券売機を使っていません。
乗る度に切符を買っていた昔を考えると随分と変わりましたね。

ATMを探す必要もなくなるこの試み、世代を問わずにスマホ決済というキャッシュレスが浸透するきっかけとなるのでは、と思います。
この試みが西日本まで届くのが待ち遠しいです!

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノートマスター|木原ことの

関連記事

  1. 出来事には向き不向きがある。

  2. 遺伝子検査やってみました!

  3. テレビ裏

    グーグルクロムキャストでYouTubeを見たい

  4. 地球が震えています

  5. 明日からGW休みをいただきます。

  6. 目標とSMARTの法則

友だち追加

LINE@よりお問合せもできます。
ここだけのお話しも配信しています。