夏のNG!

Mダックス

とある暑い日中、小学生くらいの子供と子犬が自宅マンション内でお散歩していました。
共有部分では犬を下ろすのは禁止されているので、すぐに係員さんが飛んでくるはずが、見回り中のようでした。
思わず駆け寄って、

・犬が足を火傷してしまうかもしれないこと
・もしおしっこしてしまったら、木が枯れる可能性があること
・よその赤ちゃんが遊んでる時おしっこが手について良くないこと

こちらが真面目に伝えると、初めは警戒したお顔でしたが、子供さんも真面目に聞いて、すぐに抱き上げてくれました。
思わず動いてしまうのは関西の血なんでしょうか(^^;;
私も、素直に応じてもらえてホッとしました。

4つのNG

・日中の散歩

コンクリートやアスファルトは60度近くまで温度が上昇することがあります。ニュースでも、良く聞きますね。

・雨上がりの散歩

雨上がりは散歩のチャンスと思いがちですが、地面付近は高温多湿になるので特に小型犬や体高の低い犬には注意が必要です。

・車内のお留守番

駐車した車内は10分で警戒レベルになるそうです。例え日陰に停めて、窓を開けたとしても、効果は薄いようです。

・お店の軒先につなぐ

すぐに高温になります。少し前のニュースであったように、小型犬でなくても連れ去りもありました。

当たり前ですが、人は靴を履いていて地面付近の温度はほとんど感じていません。
対して犬は裸足です。うっかり火傷することもあるようですので、油断しがちですが気をつけましょう。

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノートマスター|木原ことの

関連記事

  1. ボーダー?シマシマ?

  2. 犬の様子がおかしい時はすぐに病院へ!

  3. 冬のノミ

  4. セカンドパートナーのこと

  5. 泣いてる猫

    2019年は動物愛護法改正の年

  6. 丸くて茶色いドッグフードのこと。

友だち追加

LINE@よりお問合せもできます。
ここだけのお話しも配信しています。