Compact Space

片づけとデジタルのプロサポート+広島市中区+

昔は興味がなかったドラマ、相棒について。

約3分
昔は興味がなかったドラマ、相棒について。

興味あるコトって少しづつ移り変わることがありませんか?少し前に、刑事ドラマ「相棒」に亀山さんが復活というニュースを聞いて、とても嬉しくなりました。30代の頃は全く魅力を感じなかったドラマ。こんなふうに、いつ、何がキッカケでスキになるかなんて、分からないものですよね。

歴代相棒

初めて「相棒」を意識したのは、以前の職場の先輩にその魅力について力説されたとき。
それまでは一切、興味がなかったのですが、普段あまり主張をされない方だったので、とても心に残りました。

今回のニュースは「相棒」の主演・杉下右京さん(役名)の相棒に、初代・亀山薫さん(役名)が14年ぶりに復活の発表!びっくりして、ブログに書きたいなぁとずっと思っていたんです(*^^*)

初代:亀山薫(寺脇康文さん)2000-2008年
2代目:神戸尊(及川光博さん)2009-2012年
3代目:甲斐享(成宮寛貴さん)2012-2015年
4代目:冠城亘(反町隆史さん)2015-2022年
5代目:亀山薫(寺脇康文さん)2022年-

つい、まとめてしまいました♪特に、亀山さんと神戸さんがお気に入りでした(*^^*)
ロングランドラマですよね。

再放送でも人気のドラマ

初めて見たのはTVで映画版が放映されたとき。とても惹き込まれたことを覚えています。

そのあと再放送をときどき見るようになって、以来、録画するように。
特に、亀山さんの人柄がとてもスキだなぁと思っていました。

いかにも警察官らしいアツいところと、楽天的で、自分から事件に巻き込まれていくようなところが見ていて楽しかったんです。上手くいかなくてもアキラメナイ。

私もがんばろうと、エールを送られているように感じさせられました。

最終回、亀山さんは亡くなった友人の遺志を継いで、子供たちに“正義”を教えるため、日常に不正の多い南アジアの小さな国に移住します。

まとめると。

ドラマとはいえ、彼の人生を応援したくなりました。そして、自分も頑張ろうと思えたんですよね。

なんというか、完全に感情移入することができたんだと思います。
だから、泣けるんですよね。

ドラマの中で、亀山さんの人柄が緻密に深く描かれていたからこその共感だったと思います。

ときどき、このブログを読んでくださっている方から「考え方にとても共感します」と声援をいただくことがあります。

それがいつも、嬉しいです(*^^*)
そんなわけで、先日から私のプロフィールのマイストーリーの部分を新たに描き下ろしました♪
読んでくださると嬉しいです。

片づかない日にも こころにゆとりを。


広島市のライフオーガナイザー®️エバーノート マスター|木原ことの

最新記事の通知を受け取れます

コンパクトスペース公式ライン