欲しいモノと要らないモノ

コンパクトスペース

「欲しいものが手に入らない」と思ったことはありますか?
(東京でしか買えないから。高価だから。)
私はあります。
だからいつも、欲しいモノに餓えている感覚がありました。

同じように
「要らないモノを持ち続けている」経験はありますか?
(自分で買ったのにあまり使っていないから。母から貰ったモノだから。)
私はあります。
モノは少しづつ増えていって、気が付いたら使っているモノより使っていないモノの方が多くなっていること。

この二つの状態って少し似ていると思いませんか?
当時の自分が失敗したような気になるから手放せない。

ひとつひとつにある理由

買った時はあんなに嬉しかったのに、全然使っていないから。
まだ使えるし、モノは大切にしないといけないから。 

こんなふうに色々な理由をつけて、身動きができないような気持ちになってしまいます。

欲しいモノを所有していない状態と、要らないモノを持ち続けている状態

精神的なストレスになりますよね。
誰でも快適に過ごしたいと思っているし、お気に入りのモノで暮らしたいから。

だから、もっと自分の心に向き合って、モノに向き合って、何が大事なのか、本当は自分はどうしたいのかを考えてみる。

  1. 要らないモノや使っていないモノは特等席から外してみて、
  2. 部屋の片隅に用意した箱の中へ、
  3. 心が決まったら、感謝して、手放す。

もちろん管理できるなら問題ないのです。
私はストレスを感じていたので、何年かかけてやりました。
そのあと、どんな気持ちになったかは、やってみてからのお楽しみ♡

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノートマスター|木原ことの

関連記事

  1. 他人に親切することは自分を大切にすること

  2. タオルの入れ替え

  3. 思うようにならない人へ。

  4. 片づけが終わらない人へ。

  5. アロマ

    自分に自信がありますか?

  6. 出来事には向き不向きがある。

友だち追加

LINE@よりお問合せもできます。
ここだけのお話しも配信しています。