Compact Space

片づけとデジタルのプロサポート+広島市中区+

子育てが大変で、片づける気力が湧かないあなたへ

約4分
子育てが大変で、片づける気力が湧かないあなたへ

子どもが小さい内にと、片づけサポートを申し込んで下さる場合が増えています。そのうち、片づけまで手が回らなくなりそうだからと用意周到で素晴らしい(*^^*)確かに、お子さまが大きくなってくると、片づかなくなるおうちは多いようです。

徐々に片づけが後回しになる現実

子どもを産むまでは、片づけについて、そこまで大変だとは思っていなかったけれど、子どもが一人、また一人と増え、少しづつ片づけってニガテだな、面倒だなと感じていくそう。

アバター
Aさま
今日片付けても、どうせ明日また出すし……と思うとやる気にならないんです。

確かに片づけサポート中、いつの間にかソファはひっくり返って、椅子が合体して秘密基地が出来上がっていたこともありました(^_^;)

姪っ子を見ていても、とにかく元気!外で遊ばせないと夜もなかなか寝てくれないのだそう。それにガンコ。3歳でも、自分の意見やスキキライがとてもはっきりしています。

親の思う通りにはなってくれませんよね。

アバター
キハラ
家にずっといたとしても、毎日のごはんの支度だけで精一杯ですよね。片づける気がなくなるのも無理もないです。

ちょっとのことで、モヤモヤしちゃう

そして、子育てが大変な時期って、ご主人も働き盛りの場合が多いですよね。

ご主人も疲れて帰宅。
ある方は、片付いていないことに対して「ずっと家にいるんだから、このくらいできないの?」などと言われることもあるそう。

これ、嫌味ではなく、なぜ出来ないのかが想像つかないのですね。

こういうとき、
「ゴメンね、でも外で働くのと同じくらい大変なの。だから一緒にしてほしい。」と、言えますか?

言えないですよね、きっと。
ぐっと飲み込んでしまう人がほとんどじゃないかなと思います。

この方は、腹が立ちすぎて震えてきたり、ずっと家にいるのにできないのは自分がダメなんだと思ってしまうこともあったそうです。

私もモヤモヤしてしまいます……!

時代は流れているけれど

古き良き時代?良妻賢母という言葉がありました。
妻は家を守るという日本の古い固定概念から、働く女性こそ輝く!という流れに移り変わる時代の私たちのモヤモヤなのだと思います。

  • 子育て・家事・片づけを上手にこなせない
  • かつ仕事をしていない
  • 夫との意思疎通が出来ていない

子どもを授かって、家もあって、恵まれているはずなのに、ふと落ち込むことがあるんです。
友だちには、分かってもらえなかったらショックだから愚痴れないし……。

部屋の中で一人、じっとして過ごすこともあると教えてくれました。

もっと自分を労わろう。

そんなモヤモヤは早めに手放して自由になってほしいですし、それが出来るように応援したいと思っています。

片づけがニガテでも「やらなくちゃ」と思ってるだけでエライ!
家事だって、7割出来てたら十分!
妻が家にいるから夫は時間を気にせず仕事に集中できている!

ご主人の収入の源=妻の力です。
世の中や夫を悪者にして背を向けるのではなく、自分自身への捉え方を変えて、労ってほしいと心から思います。

まとめると。

自分のことを信じてあげられないと、やる気はなくなります。
だけど、ちょっとでも「出来ている!大丈夫!」と思えると、少しは身体が動くし、自分は家族の役にたっていると思えるはず。

あなたは存在するだけで素晴らしい。だから大丈夫。
出来ていることに目を向けて、一か所ずつ片づけてみましょ。

いつもキレイに片付いている必要はありません。
それでも、モノを把握して管理できれば、それは自信になります。

そして、自分のしたかったことを思い出してみて下さい。
したいことがなければ、今から作ってもいいんです。

私は、片づけは、未来をつくるためと思っています。

片づかない日にも こころにゆとりを。


広島市のライフオーガナイザー®️エバーノート マスター|木原ことの

最新記事の通知を受け取れます

コンパクトスペース公式ライン