ウォーキングで脳が活性化!

マスクでウォーキング

少し前に、「1万歩部」に入部しました。
よく目標とされる、1日1万歩にこだわらなくても良いというので、それなら私も!と。

年齢を重ねると、誰しも健康習慣や人間ドッグの結果などから健康のために歩くことなら出来そうだと思って始めることの多いウォーキング。私もその一人。

お金持ちはよく歩くというデータ

年収1,000万円超え=1日平均約8,500歩
年収400万円未満=1日平均約6,500歩

ドコモグループより

ウォーキングミーティングを社内で取り入れているのはFacebookのマーク・ザッカーバーグ氏。

さらにAppleのジョブズ氏、進化論のダーウィン氏ら歴史の著名人たちにも散歩好きの人物が多いそうです。

毎日散歩するだけで、クリエイティブ思考を掘り下げる事ができるよう。

散歩=脳の活性化

そして座っている時と比べて脳が60%も活性化されているのだそうです。
なぜならセロトニンが分泌されるから。

※セロトニンとは脳内で働く神経伝達物質のひとつ。感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わる物質。

セロトニンが増えると脳が覚醒し、心のバランスも取れ、意欲的になるそうです。反対に、セロトニンが不足すると脳の機能の低下してしまうことに。

歩くことにプラスして、日光浴でもセロトニンの分泌が促されるとも言われています。

早朝の散歩が効き目あり!

ただ歩くだけでメリットだらけの散歩、試してみる価値ありそうですね♪
ちなみに私は、姿勢良く、歩くために歩く、という意識で平坦な道を20分でトライしています。

トップ写真は、外出時にマスクを忘れずに準備しているところ

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノート マスター|木原ことの

関連記事

  1. アルゴリズム

    アルゴリズムで需要と供給のマッチング

  2. いつもご機嫌でいるコツ

  3. リビングは南向きですか?

  4. 飛ぶように過ぎて行く時間

  5. 思うようにならない人へ。

  6. 水を飲むと生活も整うというお話

新しいライン公式アカウントです
友だち追加