iCloudフォトライブラリよりGoogleフォト

プリン

以前も記事にしたことがありましたが、iPhoneユーザーから写真の保存についてのご質問が最近また増えてきました。 ちなみに私がHPに貼っている写真は全てスマホで撮影しています。

iPhoneユーザーはやっぱりiCloud Photosが一番ですよね?

私は、iCloudフォトよりもGoogleフォトをオススメします。

1.料金‥注目すべきは無料の部分。
ケイタイ本体やパソコンからアップロードした写真もカウントされます。

iCould PhotosGoogle Photos
5 GB :無料15GB :無料
50GB :130円100GB:250円
200GB:400円1 TB :1300円
2 TB :1300円2 TB :2600円

Googleフォトに保存すると、ケイタイ本体の容量は軽くなっても、画素数や解像度が落ちるんですよね?

いいえ!iPhone XやiPhone XSでも背面カメラで12メガピクセルまでしか撮れません。一眼レフ等のカメラで撮影した写真を、パソコンからバックアップする場合に、初めて画素数が下がります。

iPhoneで撮った写真って、キレイに見えるけど実際はそんなに画素数高くなかったんですね!

よっぽど大きく印刷しない限り分からないそうですよ。しかも!Googleフォトはアップロードしながら自動的に写真をリサイズしてくれます。なので突然上限に達することはありません。

2.無制限に写真を保存できるGoogleフォト‥解像度が低くなっても問題ない場合(最大16メガピクセル)、無料スペースも使わなくて済みます。ちなみに16メガピクセルの写真というと、24✕16インチの写真を画質を下げずに印刷する十分なサイズ。

iPhoneとAndroidの互換性はどうですか?

iCloudフォトは悲しいことにAndroidユーザーは使うことができません。。Googleフォトだと普段使いのiPhoneと自宅のPCやタブレット、どの端末からでも自分のGoogleフォトを使うことができますよ。

3. どんな端末からでもGoogleフォトにアクセス可能‥Android・iOS・パソコン・タブレット・スマートTVのようなデバイスでも!それに例えばご家族のAndroidスマホを共有したい写真だけを選んで共有することも出来ます!

他にGoogleフォトの良いところは?

Googleフォトの検索性はとても優れています。例えば「広島市」「犬」「○○さんと神戸旅行」など入力すると、Googleフォトは見事に探し出してくれます!

4. iCloudフォトライブラリでは、日付で検索するか手動で探す方法となります。かかる時間が全く違います。

じゃあiCloudフォトってパッとしないってこと?

そんなことはありません!iCloudフォトライブラリがGoogleフォトより優れているのは編集機能です。

5.Googleフォトからスマホにダウンロードされた写真は元の画素数、解像度に戻りませんが、iCloudフォトライブラリからだとメタデータが残っているため完全に元通り復活することが可能だそうです。(iPhoneユーザーの友人談)

例えば一眼レフで撮った写真の、中でも良く撮れた写真だけiCloudフォトライブラリに保存。 その他はまとめてGoogleフォトへ、なんていう使い方もオススメですね。

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノートマスター|木原ことの

関連記事

  1. 自宅で確定申告

  2. 長い夏休みをいただいておりました&エバーノートマス…

  3. スマホの使い過ぎについて

  4. プロバイダで通信障害発生時の対応と、スマホの通信料のこと。

  5. カレンダーアプリはタイムツリーがオススメ!

  6. 集中アプリ

    カフェで仕事すると集中力アップ!

友だち追加

LINE@よりお問合せもできます。
ここだけのお話しも配信しています。