Compact Space

片づけとデジタルのプロサポート+広島市中区+

ワクチンで副反応、犬もあるんです。

約3分
ワクチンで副反応、犬もあるんです。

犬と暮らすおうちには年に一度届く、狂犬病予防接種のハガキ。届くにはまだ少し早いのですが、知らなかった情報をキャッチしたのでシェア!

犬にも副反応がある

人でもワクチンを打つと副反応が出る場合がありますよね。私も、ワクチンを打つとしばらくベッドで横にならないと起き上がれなくなる体質です。そして一週間くらいは倦怠感が続きます。けっこう辛いんです。

そしてわが家の弟犬も副反応が出る体質。ダックスフンドは副反応が出やすい犬種なんだそうですが、兄犬の方は全くなかったです。

ワクチンで反応する副反応には軽度から重度まであり、最悪の場合もあります。
写真は2020年のもの。腫れが少し引いてきた状態ですが、ぐったりとしています。

実際に起こった症状とは

ワクチンを打って、15分程は病院で待ちますよね。
そこまでは良かったのですが、帰ってきてしばらくすると顔を引っ掻くような仕草をします。

そうしているうちにマズル(鼻)に蚊に刺されたような大きな腫れがいくつも現れて、びっくり!
みるみるうちにマズル自体がパンパンになって、明らかに虫刺されではありません。まぶたやくちびるの辺りも腫れていきます。

本人も、とてもツラそうですぐに病院へ引き返しました。
その時から、前日夜と当日朝に事前に頂いたお薬を飲ませてからワクチンを打つようになったのですが。

はじめのうちは、事前にお薬を飲ませると副反応は抑えられていたのですが、最近ではもう効かなくなってしまいました。

副反応が出てから、薬を飲ませて腫れが引くのを待つような状況です。

1/15000の確立で起こる副反応

副反応が出ている時は、本犬も痒がるし、ぐったりしています。
その様子を見ているのって、こちらもかなり辛くてドキドキします。
腫れが出るのは中等度。親の気持ちとしては、とても心配……!

こちらは2018年の記事↓

先生と相談のうえ、2年に一度、ワクチンを打つようにしていました。

生ワクチンと不活性化ワクチン

つい先日、東京の友人とワクチンの話になり、その友人のかかりつけの先生曰く……

ワクチンの副反応が強い場合、生ワクチンと不活化ワクチンが選べる
副反応を心配するなら不活化ワクチンより生ワクチン+副反応を抑える注射

友人の先生より

不活化ワクチンが入っているのは7種と8種。(犬コロナウイルス・犬レプトスピラウイルス)
確認してみると、今までは犬コロナウイルスが入ったワクチンを打っていました!

詳しく記載している動物病院のHPを見つけた!と思ったら、大阪に住んでいる時に何度かお世話になったことのある有名な動物病院でした。

今年は、この件について先生とご相談してみますね。また結果をシェアします(*^^*)

片づかない日にも こころにゆとりを。


広島市のライフオーガナイザー®️エバーノート マスター|木原ことの

最新記事の通知を受け取れます

コンパクトスペース公式ライン