肌荒れ〜肌断食を経て、40代いま。

肌が元気だった20代

お化粧に目覚めたのは大学生の頃。
大学帰りに百貨店のコスメカウンターをぶらっと覗くのが楽しみでした。
そんなに上手ではなくても、クレンジング〜洗顔料〜化粧水〜美容液〜乳液orクリーム〜日焼け止め〜化粧下地〜リキッドファンデ〜コンシーラー〜お粉→続く‥
こんな感じでナチュラルメイクをこってりやっていました。
当然、毎日。
社会人になっても継続。

乾燥が始まった30代

乾燥したりすると、なお丁寧なケアをするようになり、オーガニックコスメにこだわるようになりました。
ところが乾燥を通り越して、荒れるように。。
頰が粉を吹いたようになったり、唇が切れてしまったり。
数ヶ月、それが治ったり、また再発したり、繰り返すうちに新しい化粧品を試すのも嫌になってしまいました。

40代前で肌断食にトライ!

本屋さんで偶然、見つけた肌断食の本のモデルの安達祐実さんがもうすごくキレイなお肌で、迷わず購入して熟読。
今まで当たり前だったことがくつがえされるやり方が、理論的に記載されていました。

ゆるゆる肌断食の40代

①クレンジング〜②洗顔料〜③化粧水〜④美容液〜⑤乳液orクリーム〜⑥日焼け止め〜⑦化粧下地〜⑧リキッドファンデ〜⑨コンシーラー〜⑩お粉

①夜・固形石鹸/朝・水のみ〜②オールインワンクリーム〜③化粧下地〜(④きちんと・リキッドファンデ〜お粉/急ぎ・パウダリー)
10工程→4工程に!!
ファンデーションは石鹸で落とせるミネラルタイプに切り替えました。
下地やファンデがUV入りなので、日焼け止めもやめました。
肌が徐々に元気になったので、お風呂上がりに「早く何かつけなきゃ突っ張る!」ということも無くなりました。

何もしないのもツライ

ある程度の水分や油分を補給して、外出時はファンデーションであっさりカバーするくらいが守られている感じがします。
それに時々は人前に立つこともあるので、きちんと感のあるメイクはしたいなと思いました。
リキッドでよかったのがダントツでプリオリコスメ。(健康的でキレイ肌が続きます)
素早く済ませたい時は、お粉タイプのエトヴォス(これも褒められましたが)→今はパウダリーのTV&Movie。
自分の肌色を知ることが出来たので、試しやすくなりました。

トライアル2000円・ベースカラー診断+ナチュラルメイク体験

プリオリコスメHP→☆(店舗検索もできます)
色彩理論で肌色診断と自分に合うファンデの色とポイントメイクの色を教えてくれます。
よくイエローベースとブルーベースがあって、日本人は大体イエローベースって言いますよね。
私もイエローなのかなと思っていたのですが、そんなに単純ではありませんでした。
自分でする簡単な診断ではよく分からないんですよね。
トライアルでタッチアップしてもらって、その日の夜、初めてあれ?いつもよりキレイかも?と気づく感じです。

化粧品は心地よいものを

オーガニックでも作用が強くて荒れたことがあります。
オーガニック=肌に優しいではないことを学びました。

ちょっとだけ、化粧品に助けてもらう

睡眠、食事、運動をバランスよく取り入れ、質の良い成分の化粧品をプラスするのが私には合っているようです。
お肌が健康だと気分良く過ごせますよね。

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノートマスター|木原ことの

関連記事

  1. 明日からお盆休みをいただきます。

  2. 駅

    駅の券売機で預金の引出しができる!

  3. 「男の子がひとりでできる片づけ」出版記念セミナーへ出席のご報…

  4. 初・ロードサービスを利用したこと

  5. 第一回目・コラボ講座2

  6. 1日1人で出すゴミは何キロ?

友だち追加

LINE@よりお問合せもできます。
ここだけのお話しも配信しています。