木原ことの|広島ライフオーガナイザー|エバーノート|片づけ 収納

広島市中区の整理収納|コンパクトスペースで暮らしを磨く

2022.2.22はネコの日

約3分
2022.2.22はネコの日

2022年2月22日、2がたくさん並んだ昨日は「ネコの日」だそうです。ご存じでしたか?インスタストーリーズではネコ画像がたくさん流れていて、動物好きの私には癒しの1日となりました。 今日は昨年なくなった実家のネコの思い出です。

ネコ派?イヌ派?

よく話題にあがるこの質問、実は私はどちらもです(^_^;;
子どもの頃から犬と暮らしてはいましたが、ネコだってとっても可愛いですよね♪

写真や絵画など、絵になるのはむしろ犬よりネコだなぁとも思っています。

実家ではネコを飼っていましたが、昨年18歳で亡くなりました。

はじめてのネコ

ある日、ネコが家に来たという写真が母から送られてきました。
そこには、小さくて痩せ細って、とても汚れていた白黒模様のネコが。

驚いて「どうしたの?」と聞くと、雨の中、溝に落ちていたから連れて帰ったとのこと。
イヌ派だった実家に、はじめてのネコでした。

病院に連れて行くと、お腹に虫がいたのでお薬を処方してもらい、身体にも虫がついていたのですぐお風呂に入れたそうです。洗って乾かしても一度ではふわふわにならず。大丈夫?と心配になるような小ささ。

静かなネコとの暮らし

よく見るネコって、紐にじゃれたり、爪研ぎしたり、にゃーと可愛い声のイメージ。
だけど実家のネコは、ずっとテレビの横で姿勢を崩さず、爪も研がず、とても低いしわがれた声で、眠る時も座ったまま。

だから母は「ネコはそういうものなのかな?」と思ったそうです。
数ヶ月してやっと姿勢を崩すようになって分かったことは、ずっと緊張していたということ。

だから時々顔を見せる程度の私が触ろうとしても、警戒して冷蔵庫の上に避難……(^_^;)
嫌がるその様子が可愛かったけれど、数年かけて警戒心もとけてきました。

写真は、シニアになってやっと触らせてくれるようになった様子。

まとめると。

最後は穏やかに亡くなったと聞いて、ホッとしました。

初めはネコを家に入れることを嫌がっていた父も、気がつくと一緒にお布団で寝るようになり、癒やされていたようです。

ネコが亡くなって寂しいけれど、最期までお世話できたことを話してくれた母。
「愛嬌があって可愛かった」と話してくれた父。

実は犬もいるので、一緒に見送ったそうです。

動物は先に亡くなるから可哀想という声も聞きますが、最期は見送ってあげたら幸せ、というのが私の思い。
気持ちの伝わる動物との思い出はかけがえのない思い出ですね。

広島市のライフオーガナイザー®エバーノートマスター|木原ことの


最新記事の通知を受け取れます

合言葉「Z」でzoomガイドブック配布中

コンパクトスペース公式ライン