笑顔が似合う人と一緒にいること

マスクを干してハッピー

最近はマスクで口元が隠れているので口角を上げるのがおろそかになりそうですね‥

いつも笑顔の人。いつもむずかしい顔の人。どちらの人と一緒にいたいかと言えば、大体の人は前者ではないかな、と思います。

笑うのが先か、笑える出来事があるのが先か。

笑顔にも色々ありますが、よく笑う人って、普段から口角が上がって柔和なお顔の方が多いような気がします。

それって、いつも面白い話をしているからではないとある時から思うようになりました。

面白い話をしているから笑うのは、普通のこと。
面白い話ではないけれど笑うのが、その次のステップ。
さらに次のステップが、話が分からなくてもとりあえず笑う。

笑いが環境を楽しくする。

飲み会の時によく見かける光景だと思うのですが、アハハといかにも楽しそうに笑い合っている輪の中で、ふとお隣に「今って何が面白いんだっけ?」お隣も「何が面白いんだっけ?」そしてまた大笑い。

よく笑っている人は特に面白くなくても笑ってることが多いような気がします。
だから、面白いことが次々と発生している現象につながるのでは。

どうせなら笑おう。

愛想笑いではなく、本当に楽しい時の笑い。
この感じが昔は分からなかったのですが、今はそんな風になんでも笑っていると、楽しいことが次から次へと舞い込んでくるような気がします。

そして、いつもむずかしいお顔の方は、面白いことがあっても笑わない(ように見える)ことが多いと思います。
だから笑えるような楽しいことがあまり発生しない、、のかも?

笑おうとするから笑えるようなことが起こってくるし、実は「面白いから笑う」より全然カンタンにできること。

だって、よくある話、とかでもとりあえず笑っているのが、楽しいの近道。ってことですもんね♪

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノート マスター|木原ことの


関連記事

  1. 柿づくし料理

    食事の準備、好きですか?

  2. 石膏デッサン

    モノではなく、人やコトに焦点を当てたい

  3. 2020年は特別な1年

  4. オーガニックという響き

  5. お手紙を頂いたこと。

  6. 嵐の夜に観たくなる日本初のアニメーション

新しいライン公式アカウントです
友だち追加