お客様の声

  1. スマホレッスン

    広島市・D様

    先日は有意義な時間をありがとうございました。
    講座の感想とその後を報告します!

    スマホの画面を整理することで、自分の無意識に近い行動や、そこから生まれる時間の無駄遣いを改めて認識することができました。
    あれから、ついつい隙間時間にやっちゃうゲームを一切していません!
    目に付くアプリが本当に必要なものだから、スムーズに動けているなぁと感じます♪

    本当にありがとうございました!
    また色々、ご相談させてください。よろしくお願いします。

    インタビュー

  2. 広島市・F様(30代)

    今回は引越しプランでライフオーガナイズを依頼させていただきました。
    広島にいる間に日用雑貨や書類、台所備品など細かいモノを中心に整理し、引越しプラン表と新しい部屋の家具の配置、家具の中のモノの配置まで決めていたおかげで、新居の片付けがスムーズに進行し大変助かりました。
    転勤族なので、また引っ越しをするタイミングがくるかと思います。
    その時は、またライフオーガナイズを依頼させていただきたいです!
    本当にありがとうございました。

    インタビュー

  3. 山口県周南市・E様(30代)

    シンクの排水溝の掃除が億劫なことがストレスでした。

    アドバイス通り、二つだったカゴを一つにして、排水溝用ネットをつけてみたところ、綺麗が続いてます。
    野菜屑が溜まったらネットごと捨てれば良いので、その都度ちょこちょこ洗うようになり、ヌルヌル知らずです!
    木原さんの言う通り、一つにして良かったです。

    以前は最初のカゴで大きな屑が取れるので、そのカゴがあることで二つ目の排水溝のカゴは隠れてしまい、見えなくなると気にならなくなってしまい、次に見たら大変なことになっていました(^^;;

    "ついで掃除"は他のことにも取り入れられることに気が付きました。

    インタビュー

  4. 広島市・D様(30代)

    昨日はありがとうございました。
    見方や考え方を変えてみると、今まで億劫に思っていたことも、これからは前向きに行動できるような気がします。
    お二人のお話を聞くことが出来て、本当に良かったです。
    ありがとうございました。

    インタビュー

  5. 広島市・C様

    今日は有難うございました。
    お二人の話しを聴いていて、改めて暮らしを整える事の大切さを感じました。
    ありがとうございました。
    これからもよろしくお願いします。

    インタビュー

  6. 広島市・A様(40代)

    季節も暖かくなり外出が楽しい気候ですが、先日息子が熱を出し、3日ほど家でおこもりしました。
    その時、気がつきました。
    日当たりの良い部屋、心地よく吹く風、”今”以外何も考えなくていい居場所を手に入れたことを。
    もしオーガナイズをしていなかったら、納戸をどうにかしなくては、、と考えたり、部屋の入れ替えで新しくできたスペースでくつろぐ事もなかったと思います。
    最初にどうなりたいか?を想像した時の状態になっている事に、ハッとさせられると同時に、木原さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
    最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

    インタビュー

  7. 広島市・A様(40代)

    今回も来ていただきありがとうございました。
    最終回はアクセサリーコーナーをお願いしました。
    アクセサリーは思い出や頂き物、高価だった等の理由で処分しづらく、何となくごちゃっとケースに入れていました。
    久しぶりにリビングで日の光と風を通してみると、ホコリも溜まり、可哀想な状態でした。
    アクセサリーに限らず、本や洋服のお片づけの際も感じましたが、モノであっても時々は日に当て風を通すことが大切と痛感。
    そうすることで自然と”今”必要かそうでないかの判断もできてくるので不思議です。
    今までごちゃっと雑に収めてしまい、ゴメンナサイという気持ちと共に、ひとつひとつ手に取り、分ける判断をしていきました。
    ケースに戻すのはおそらく半分くらいの量になり、いつものように木原さんが可愛く収納して下さいました。
    すると!あら不思議。可愛く並べられたアクセサリーに命が吹き返したようです!

    インタビュー

  8. 広島市・A様(40代)

    初めてのzoomでのお片づけありがとうございました。
    以前から木原さんの持つ空間認識能力に感心していましたが、今回もそれが発揮されました。
    初めて見る洗面所で、さらに小さな画面のはずなのに、モノを仕舞う場所の指示がスラスラと出てきて驚きました。
    本当にすごいです!
    最近、子供が洗濯洗剤のコーナーにいたずらするようになり困っていました。
    ここも全て、出して分けて仕舞うということをし、驚くほど使いやすくなったのと、子供も危ないモノに手が届かなくなり、ひと安心です。
    出して分けて仕舞うという片づけの基本の大切さを改めて実感しました。

    インタビュー

  9. 広島市・A様ご主人(40代)

    <妻サイドから見た夫の片づけ>
    ・自分の持ち物の多さばかりにフォーカスしていて、夫が何をどれくらい持っているか全く把握していなかった。
    ・広げてびっくり!あれ、私よりモノが多いかも‥?
    ・夫は洋服のたたみ方など私より丁寧できれい好きの印象だったのと、物持ちが良いので、モノを買っていない印象だった。
    ・印象とは勝手な思い込みで、色々と思い違いをしているのだということを、広げたモノに教えてもらいました。
    ・片づけを通して、夫婦の関係を俯瞰してみるということができました。
    ・第三者の力を借り、自分たちのクセが見えてきました。
    ・四ヶ所に散らばっていた夫の持ち物が一ヶ所にまとめられ、夫にとって少しでもストレスのない環境を作ることができて良かった。
    ・気が滅入るというつぶやきもなくなり、私もストレスフリーになりました*\(^o^)/*

    インタビュー

  10. 広島市・A様(40代)

    いよいよ!引越しダンボールとサヨナラする時が来ました。
    片づけも終わりに近づき、始めた頃を思い出すようになりました。
    最初は、本棚は納戸部屋で物置状態。
    本棚の前にはモノがあり、本に辿り着けず‥絵画は納戸部屋の片隅で積み上げられ‥見るも無残な姿。
    本も絵も、全部出して分けて仕舞うという基本をやりました。
    床に絵を並べて、どれを飾ってどれを仕舞ってという作業はとても楽しく、これからの生活を思い描くことができました。
    本も、迷いながら選びましたが、木原さんがとても優しく見守ってくださり、また可愛く陳列してくれました。

    インタビュー