1000年に1度の超大型台風

物干し竿
  • レベル5(レベル4で全員避難)
  • JRは異例の48時間前に計画運休発表
  • JAL・ANA全便欠航
  • 23区3割浸水の可能性

電源確保に備える

つい先月9月9日には令和元年台風第15号が千葉に上陸しました。
そして1ヶ月もの長期間にわたる停電がありました。昨年の台風24号でも中部電力管内約8割で停電。一部では7日間にわたり停電しました。

そんな時こそ、電源さえあれば活躍するスマホ。
身の回りの情報があるのとないのでは、違います。

まずはモバイルバッテリー。車で充電ができるUSBポート。ガソリンは満タンに。お水は500mlで準備するのが移動するにも便利で衛生的にも安心です。

家の周りを片づける

物干し竿は外す。植木鉢もベランダ用スリッパも室内へ。
それこそ、どこから何が飛んでくるか分かりません。
スリッパひとつ、飛んで行ったとしてもたかが知れてるわよね、なんて思うなかれ。細かいものが集まると、かたまりになります。無視できません。

防災士さんから聞いたお話ですが、以前の台風15号の後、千葉のマンション10階から物置がなくなっていたことがあったそうです‥

ご近所さんと台風の話をする

台風の備えを、ご近所さんにも意識してもらいたい、という気持ちから、ご近所さんとバッタリお会いした時には、台風に備えて片づけている、という話をするようにしています。

「自然は避けられないから」→「何もできない」と思われている方もまだまだいらっしゃるように思います。
なので、庭の自転車がお向かいの窓ガラスまで飛んでって、窓が割れたら、誰かが怪我をするかもしれない。だから玄関に入れておくといいと思うんですよね。
みたいな感じで、具体的に、ニュースで見たんだけど、なんて言いながらお話すると、あら!気がつかなかったわー!と、早めの片づけに励んでくれる方も(^^)

ここは今まで災害がなかったから大丈夫

災害は、自分の住む地域以外で起こること。という意識の方もとても多いです。
若い方からも聞くことがあります。
だから余計、台風が来るから、何をどうする。
という話題をご近所や職場でも話に出しておくと良いかと思います。

現金を備える

普段、キャッシュレス生活の私ですが、いざという時のために、細かいお金を用意してあります。一万円札を1枚、ではなく、千円札と500円玉と100円にしています。停電になるとお店では電子決済ができなくなります。

気が付いた時から少しでも準備して備えましょう。
被害が少しでも抑えられるように願っています。

広島市のライフオーガナイザー®️エバーノートマスター|木原ことの

関連記事

  1. スマホ市場・HUAWEIがiPhoheを上回った日!

  2. しがらみを整理することについて。

  3. 車+スマホ+TuneIn Radio=ジャズ

  4. 目標とSMARTの法則

  5. 医療費はどこから?

  6. いつもご機嫌でいるコツ

友だち追加

LINE@よりお問合せもできます。
ここだけのお話しも配信しています。